sin

Ruby修行中

今日も残業が多かったため、簡単に書こうと思う。

反省

 

・伝えたいことは簡潔に。

 

・他人が書いたソースを読んで理解する訓練必要

 

・バグがでているときの原因の特定の手段を覚える

→特にJavaScriptCSSなどのレイアウトにかかわる部分をはラウザのデベロッパーツールを活用しながら。

 

・ソースの独立性を高める意識

→他の人が書いた実装に合わせてソースを修正していたときに感じたこと。

ソース同士の依存度が高いと、いざ修正するときの修正の範囲が大幅に広がる。

Controller→Service→Dao・・・できるだけ処理はそのクラス内で完結させる。(主にサービスか)

そうすることで、部分的なソースの修正が全体に及ぼす影響を減らす。

メンテするときも楽。

 

 

やったこと

Rubyのお勉強

→Progate LessonⅣまで。

学習内容としては

・メソッドの使い方、

・クラスとインスタンス

・コンストラク

 

注意

画面で入力された値を受け取るとき

文字列・・・gets.chompメソッド

数値・・・gets.chomp.to_iメソッド

をそれぞれ用いる。

ほかの言語ではあまり見ない書き方。

今日までの内容復習する必要あり。

 

Todo

Rubyの学習続き

・jQuaryの学習再開

・論文読む

・研究目的を考える

・今やっていることに対して目標と期間を設ける

・アウトプットの質を重視する(伝わりやすいブログ書く)

 

気になる

・vue.js

・DB設計・環境構築

Python

JavaScriptのコーディングをするときはインデント揃えろという話

仕事で、ほかの人が書いたJavaScriotのソースを参考にソースを修正せよと言われたので取り組んでいたのだが、インデントがバラバラだったり、半角スペースでインデントつくってたりと、めちゃくちゃだった。

この関数はいったいどこまでを包含しているのだろうか、ん?これはどうなの?

みたいなことが多く、ソースの解読に多大な時間を費やした。

自分はもちろん、ほかの人もわかるようにインデントは揃えながら書こう。

自戒の念も込めて。可読性大事。

 

 

昨日でProgateのJavaScriptのレッスンを一通り終えた。

今日からはRubyを触っている。LessonⅡまで終了。

今まで触っていた言語では、繰り返し処理は細かい違いこそあれどforを使うことが多かった。しかし、Ruby

配列名.each do |変数名| 

で繰り返し処理をするそうだ。

ほかにもハッシュというJavaScriptのオブジェクトと似ている?ものもあった。

これまで学んできた言語と比べたら独特だな、という感想。

明日も引き続きRubyのお勉強。

 

 

今日から半年を目途に取り組んでいきたいこと

・論文の執筆

最近ふわっと本を読むことが多いので、情報のインプット量が少ない気がしたから。

一定のアウトプットを目標として本を読めば、インプットの質が上がるだろうということ、またアウトプットすることによる情報の整理もできるだろうという目論見。

キャリア教育、生涯学習

をキーワードにしようと考え中。

このキーワードを選んだ理由はまたいずれ。

なんせ通勤の電車の中での思いつき。

ちゃんと整理したい。

 

エネルギーって必要だよね

 

エネルギーの源泉を掘り当てることができれば、なんでもできる。

逆に、それを掘り当てられなかったら、何するにも辛いし、続かない。

 

今はそんな状態。

エネルギーの源を見失っている。

 

自分のエネルギー源泉、掘り出さねば。

前回からのふりかえり

前書いてから随分時間が経った気がするが、たまたまゆっくり考える時間ができたので、久しぶりにここに書こうと思う。

 

 

  1. .前回からの仕事の変化と仕事における意識の話

  2. 本来の目標は?問題意識は?
  3. 明日から何するの?

 

1.前回からの仕事の変化と仕事における意識の話

この短い間に2回も仕事内容の変化があった。

ざっくり言うと

コード→テスト仕様書→テスト

から

サーバー管理のお仕事

から

テスト

という風に。

 

SEを目指すうえでテストは避けては通れない道なので、いい経験といえばいい経験である。

一方で、楽しさは感じない。

コードを書いて何かを創っている時間が一番楽しい。

エクセルを触るだけの時間は正直退屈なのだ。

なぜ退屈に感じるのだろう。

おそらく、目的がないからだ。

この仕事の中で何を学ぶべきかということを意識せず、ただ言われたことをこなすだけだったらそりゃ退屈だろうと。

仕事だからこなすということは当たり前として、設計書を見ながら設計思想などを考察したり、プロジェクト管理のやり方を学ぶなど、次につなげる要素はいっぱいあるはずだ。

最近、向上心から目を背けてたと思う。

アウトプットするなかで内省し気づけたこと。

言語化はやはり大事。

 

次にどうつなげるか、そのために何を学ぶべきか、その内容をどう保持し続けるか、課題だな。

 

 

2.本来の目標は?問題意識は?

短期的には、早期にSEとして一人前になること。

長期的には、教育事業をおこなうということ。

 

前者に関して、そもそもこの業界を選んだのは、食っていくためだ。

そのためには自分の社会に対する相対的価値を高める必要がある。

どのようにして高めるか。

それは武器を持つことである。

じゃあ武器とはなにか。

需要に対して供給が追いついていない分野でプロである、ということなのではないか。

要するにニッチな分野を攻めればいいんじゃね、というありきたりな結論。

さらにいえば、複数の分野でプロである、ということはさらに価値を高める。

 

具体的な取り組みとして自分がおこなっているのは

・DBの設計の勉強

・サーバーやネットワーク関連の勉強

・多様なプログラミング言語の勉強

である。

DBの設計(物理・論理)は、できる人が少ないらしい。

また、同期・先輩のなかでもDBに詳しかったり、興味のある人がそもそも少なかった。

したがって、これはニッチな分野なのでは、と思ったから。

はじめた動機はそれぐらい。

まだ、本をさらっと読んだだけだけど、奥が深い。

気が向いたときにでもアウトプットしたい。

 

サーバー・ネットワーク関連に関してもDBと同様。

できる人が社内で2人いるかいないかくらいだったから。

生存戦略だよね。

 

多様なプログラミン言語は、やってて一番楽しいし、新しいことを学び、それをもとに何かをつくるということが楽しいから、という理由が大きい。

そもそもプログラミングで競ったら、自分よりもできる人は大勢いる。

だから、一つを極めるよりも、まずはすべてが平均的にできるということを目指したかった。(それが上記二つを勉強するきっかけにもなった。)

実際に手を動かしてみると楽しいもので。時間忘れちゃう。だからこんな時間に更新しているわけだが。

 

これらに加えて

・英語などの言語の勉強

もやっていきたい。

 

単純にコミュニケーションの幅が広がるということと、この業界の最新情報は英語ドキュメントが多いからだ。

常に情報をアップデートしようと思ったら避けられない課題だと思ったからだ。

しかし、経験からいって、英語は毎日時間割いて勉強しないとすぐに落ちていく。

その時間を普段の勉強と合わせてどう捻出するかが課題。

うまく時間をやりくりしないといけない。遊んでばかりじゃいられない。

 

以上が短期的な目線での話だ。

 

 

 

次に、長期的な目標とはなんだろう。

それは教育に携わりたいということだ。

なぜ教育なのか。

正直わからない。

ただ、世の中の教育の前提がすべて「学校」になっていることに違和感があるからといっておこうか。

そのせいで苦しんでいる人が大勢いる。

ちょっとつまづいたら途端に生きづらくなる。

もっと自由に教育活動できたらいいし、それは学校だけがおこなうべきものではない。

だから、教育の中心が学校である必要もない。つまり、学校に通うかどうかがステータスにならない世の中になってほしい、ということ。

 

んー

眠くて頭が回らない。

何書いてるか途中わからなくなった。伝わるかなこの文章。

 

それに整理しきれてない。

なぜ教育なのか。

そこに至るまでには、あるいはその中身は、まだ話したいことはいっぱいある。

というか、自分でも整理したい。

そうでないと、ただのIT人間になってしまうから。

 

ということで、長期的な話は近いうちに。

 

 

3.明日から何するの?

今日はこれだけ書いて寝たい。

まず、意識として

・学ぼうという意識を常に持つ。たとえ、それが単純作業であっても。

 

次に、行動として

・先輩に質問する。作業でわからないこととかではなく、なぜこういうふうに設計したのか、など。

・毎朝&夜の勉強習慣。

・そのために仕事は定時で終わらせて帰る。自分の時間も大事にする。

・自分でスケジュール引いて仕事量調整する。

・独立心と向上心の高い仲間を集める。

・ニュースやQiitaで情報収集。

JavaScriptRubyPython、DB、サーバー関連の勉強

→中途半端だからとりあえず、仕事でも使うことが多いJavaScriptあたりから。

 

こんくらいかなー。

忘れないようにしなきゃ。

明日も勉強がんばろっと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロフィール

プロフィール

 

社会人1年目

IT業界

仕事は主にシステムの開発など

使用言語:javaJavaScriptSQLなど

 

会社に入るまでのプログラミング経験なし

つまり、まったくの初心者

 

ブログの目的:学んだことの

①ふりかえりをするため。

言語化をするため。

 

対象:

①同じくエンジニアの方(特に自分と同じく初心者の方)

意見交換・批判をもらう場として。

②就活生やこの業界に興味のある方

最近、就活におけるこの業界のうたい文句として、「文系でも大丈夫!」みたいなのが多い。

自分もまさに文系なので、実際のところどうなのか。

自分自身就活に迷ってきたところがある(もともと公務員志望だった)ので、そういう人たちの参考になればいい。

 

最後に

なぜ、就職して半年というタイミングでブログをはじめようと思ったか。

それは、日々仕事をしているなかで感じたことや考えたことなどが残っていないような気がしたからだ。

言い換えると、一度ふりかえって言語化しておくことで、自分の頭に残そうと思ったからだ。

私は3年、遅くとも5年で一人前になりたいと考えている。

一人前とは、一人で稼いでいくための武器を身に着けることだと思っている。

そのため、日々の仕事をただこなしていても意味がないのだ。

それらの経験を通して何を学んだか、どうすればよかったのか、などを言語化し、それによって経験を自分の財産として残していきたいのだ。

 

現状、ただ仕事をこなすだけになり、ふりかえったときに残っているものが少ないという事実に危機感を覚え、ブログという手段に至った。

個人的な日記でもよかったのだが、人の目にさらされ、意見をもらい、議論できるという可能性を考慮したときに、ブログが最適だった。

なんせ、まだ半年。ペーペーなのだ。

指摘・批判を通して成長していきたい。

 

とはいえ、誰かに見られるという保証もないし、一読されて終わりということも多いだろう。

しかし、一番の目的は言語化とふりかえりなので、この匿名性を利用して書きたいことをただ書いていくことにする。

 

また、教育系の院卒かつ将来的には教育分野の職に就きたいということもあり、そっちことを書くこともあるかもしれない。

 

自分の糧になることにプラスして、誰かの役に立てれば幸いである。